バックレ

12年ほど前から工事屋をやってるんだが、独立したばかりの頃に来てもらってた職人が当日バックレ。
予定が狂って大変だったが、なんとかその日は乗り切った。

朝から何度かそいつに電話したりしたけど電波届かない。
夜になっても翌日になっても電話はつながらず、このままバックれるんだなーと思ってたら、3日目の朝、そいつの嫁さんが主人の行方を知りませんかと訪ねてきた。

聞けば、バックレの日の朝普通に仕事に出てそれきり帰ってこないらしい。電話も俺と同じく繋がらない。
飲みに出て帰らずなんてこともあったらしく大ごとに考えていなかったが、次の日も帰らず心配になったらしい。

ただの家族捨てての逃亡かとも思ったが、それならそれできちんと届けを出しておいた方がいいだろうからと、俺の嫁が付き添って警察に届けた。
で、そのまま行方知れず。

それがさ、去年の暮れに現れたのよ、そいつ。
昼過ぎに会社の倉庫に材料取りに戻ったら、ウロウロしててさ声掛けたら○○さん!?ってびっくりされて、給料なら嫁さんに渡しちまったぞ、何やってんだお前…なんて話してたらなんかおかしいの。

そいつ曰く、

・朝仕事に出たらここの場所がわからなくなってたどり着けなかった。(そいつの家から会社はチャリで5分)
・とにかく腹が減ったのでファミマ(会社のはす向かい)で弁当を買って店を出たら、チャリがボロボロになっててサドルが盗まれてた。
・チャリを触ってたら弁当が無くなった。
・弁当探してたら今度はボロチャリも無くなった。
・そこでやっと会社がはす向かいにある事に気づいて歩いてここに来た→イマココだと。

10年以上経ってなんのボケだよと思ったけど、なんつーか、そいつ自体が10年年食ってる感じがしないの。
しかも、作業着がその時のまま。俺が貸してた会社名入りのベストもそうだし、シャツとかズボンとかも。
そいつの言ったことをまんま信じたわけじゃないけど、とりあえずそいつの嫁さんに連絡して迎えにきてもらった。

死亡の手続きも離婚の手続きもしないで、おんなじアパートでひたすら待ってたらしい。
10年の年月で大分やつれてたがそいつの言い分を伝えると、そうなんだ!あはは!朝から昼までしか時間経ってないんだ!アホだなーうんうん、おかえりね!って笑ってた。

そいつは10年経ったって事がわかってない様子で、嫁さんと俺の嫁さんが説得してそのまま精神科に連れてった。
解離性なんとかってやつで診断がついたみたいだが、なんとなく違うんだろうなって思う。

あんましっかり覚えてるわけじゃないけど、いなくなる前日に擦りむいた傷がそのまんまの位置にあったんだよ。
現場仕事してると擦りむきやすい位置だしなんとでも言えるんだけど、服も傷も、髪の毛も、なんも変わってなかった気がするんだよな。

買った弁当と、チャリは前述の通りで消えて、あと背負ってたリュックはファミマ寄った時までは持ってたのに、金払って財布しまった後いつの間にか無くなってたらしい。
会社気現れた時は完全手ぶらだった。

毎日じゃないがうちで使ってリハビリみたいにやってるが、またいつ浦島太郎になるかと朝は少しヒヤヒヤしてる。

不可解な体験、謎な話~enigma~ 108

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    解離性健忘で10年ぐらいの空白はたまにあるけど擦り傷が残ってるんじゃな
    まあ10年分先の世界が見れるんだから運が良いってことで