あんたには何か力がある

俺の両親は、俺をはらんだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで、『あんたには何か力がある』と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある(父親の転勤に家族でついていくかどうかなど)ときには、俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、家族も誰に話すわけでなく、躾も兄弟とかわりなくされて、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話だけれど、弟の子ども(俺にとって甥)が病気になった。
最初はどの病院にかかっても原因不明。
さらにやっと病名が分かったけれども、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。
払えずに諦める親も多いらしい。
もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話になった。

それで両親が離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれと頼んだ。
結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。
家族は年末ジャンボを30枚買った。

そして当たった。
高額当選で、家を売らずに何とか十年ぐらいは持ちこたえる額だった。
その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は『お前の取り分だ』と百万円ふりこまれた時に、それを知った。
俺、その電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。
というか甥がそんな病気だということも初耳だった。

かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。
かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。
母は、よく親身になって相談にのってくれた、甥が病院決まらない時も俺が県外の病院名を言ってくれて、病名が分かったと話す。

俺から番号変えたと連絡があった、それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。
母親は『お前の神様、分離したのか』と言う。

『今年もジャンボ買った方がいいと思う?』
と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

ほんのりと怖い話99

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする