坊さんの幽霊

先日、家のリビングで友達から借りた、『本当にあった呪いのビデオ』観てた。
そしたら母親も何それって感じで観だしたんだけど、胡散臭いとか言いながらも結局最後まで観てた。
そしたら母親が突然、「そう言えば、坊さんの幽霊ってヤバイらしいよ」と言い出した。

聞いた話全部書くと長くなりすぎるのである程度要約すると、母の祖母(俺にとってはひいお祖母ちゃん)は霊感があったらしく、いわゆる見える人だった。
母が子供の頃、遊んでいて帰りが遅くなると祖母に、「あんまり遅くまで遊んでると、坊さんの幽霊にあの世に連れてかれるよ」と脅かされてた。

ある日、「坊さんの幽霊って何?ホントに居るの?」と聞いたら、祖母が厳しい顔で、
「坊さんの幽霊はそんなに居ない。大抵死んでも成仏するか、徳の高い神様みたいなもんになる。でも、中には理由はわからんけど、化けて出る奴も居る。そういう奴は危ない。生前修行してたせいなのかわからんけども、とても力が強い」
そして祖母が悲しそうな顔で母にポツリと、「あたしには妹が居たんだけどね、子供の頃連れて行かれた」と言ったそうな。

俺が「うわ、マジで?」と聞くと母親は、
「本当かどうかは知らないよ。その時まだ子供だったけど、それでもそれ以上聞ける雰囲気じゃなかったし、それでもやっぱ気になってて、お祖母ちゃん亡くなった後に母さんに聞いたら、お祖母ちゃんに妹居て、幼いころに亡くなったのはホントらしいよ。ただ、病気で亡くなったって話らしいけどね。母さんもよく坊さんの話は聞かされてたって言ってたけど、妹が連れて行かれたってのは聞いたこと無かったって驚いてたな」

結局、母親はこれ以上のことは知らないらしいし、ひいお祖母さんは勿論、祖母も2年前に他界しちゃってるんで、これ以上は調べようがない。
でも、そういう話とは無縁な一家だと勝手に思ってたんで、なんか感慨深かった。

ほんのりと怖い話101

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする