偶然の一致

自分の体験談ではないのだが、実際におきた不思議な事件の話ならたくさんあるので試しに書いてみる。

『その確率は10億分の1』

それは、1950年3月1日の夕方に起こった。
アメリカ・ネブラスカ州にあるベアトリスという小さな町の教会での出来事である。

いつものなら、午後7時半から始まる合唱の練習に十五人の聖歌隊員は、その日に限って誰ひとりとして教会に現れなかった。
といっても、彼らがこのとき、とりたてて特定の事件や事故に巻き込まれたわけではない。
隊員それぞれに、どうしても避けられなかったちょっとした十五の出来事があり、いけないと思いつつ遅刻してしまっただけなのである。

例えば、
・ピアノを演奏する隊員は、いつものように練習の三十分前には教会へ行って準備をしようとしていた、だからベッドでひと眠りしたいという母親を、練習の時間に間に合うように起こしてあげるつもりだった。
ところが、自分もついついうたた寝をしてしまい、目覚めた時は時刻は7時十五分をさしていたのだ。急いで身支度を整えながら、完全に遅刻だわと、彼女は思った。

・また、教会の牧師の家では、7時十分には家を出て教会に戻る予定だった。
ところが、出かける間際になって、妻が娘の服が汚れているのに気づき、別の服を着せようとアイロンかけ始めた。かけ終える頃には7時二十分をまわっていた。

・他の隊員達も、車の故障や、宿題の片づけ、ラジオなど。

その晩、聖歌隊の十五人全員の身に起こったそれぞれの遅刻の理由は、あまりにありふれた平凡なものだった。
うっかり寝過ごす、子供に手がかかって予定が狂う、出かける間際に車が故障する、ついつい時間を忘れる。それは誰の日常にもよくある出来事ばかりだった。
そして、誰ひとりとして、まさかほかの聖歌隊員も全員遅刻しているなど、思いもよらなかったはずである。

ところが、その日の7時二十五分、普段なら全員が集まっているはずのまさにその時間、突如教会で大爆発が起こり、教会の壁は砕けちり、重い天井は一直線に落下。建物は全壊した。
もし聖歌隊員全員、あるいは誰ひとりでも時間どおり教会に集まっていたなら誰一人助かっていなかったであろう。

その後インタビューで、これまでご先輩方や、他のメンバーが遅れたことありましたか?の質問に対し、いいえ、一度も、あの時がはじめて。と答えた。
十五人の聖歌隊員全員が遅刻する確率は、計算上十億分の一だという。
むしろ、十五人全員が爆発の犠牲になることこそ、もっとも起こりうる事態だったはずである。

END

偶然の一致とはいえ、教会だけに神がかりな何かを感じてしまう。

181 :ID:bD7+iJG50

怖い話ではないのだけど実際に起きた事件の中から死んで分かる、意外な偶然を集めてみました。

『死んだ意外な偶然』

★イギリスのハンプシャー州の農場で、エドワード・ラッセルさんが、トラクターのすぐそばに、真っ裸で倒れているのが発見された。
発見されたときは、意識不明の重体。
すぐに病院に運ばれたが、1975年2月に死亡した。

彼はなぜ裸で倒れていたのか?
警察によると、運悪くトラクターに接触し、そのまま巻き込まれるようにして、着ていたものがはぎ取られた結果だという。
そのトラクターの愛称は「テイクオフ・ギア(服を脱げ)」であった。

★ドイツからやって来てクレタ島で休暇を過ごしていたウーヴェ・グルンヴァルトさんは、奥さんと散歩をしてたとき、突然パッタリと倒れて死亡した。
死因は、頭上からやって来た弾丸。
誰かが空に向けて撃った弾が落ちてきて、命中したのではないかという。

★イギリスに住むジョン・スネル氏。彼が若い頃、一人の手相占い師に見てもらったところ、「45歳の誕生日に死ぬ」と言われた。
月日がたち、そのことは忘れていたが、44歳になったとき、ふと占い師の言葉を思い出し、酒をやめた。
そして、ついに45歳の誕生日。

彼はその日、いっさい外出はせずじっとしていた。
誕生日を無事に過ごすことができてほっとした2日後の新聞に、「ジョン・スネルという人が45歳で死んだ」ことが報じられていた。
わずか900メートル先に住む人物であった。
その人にとっては、占い師の予言は当たっていたのだ。

END 偶然というより、もはや運命なのか。。。

不可解な体験、謎な話~enigma~ 43

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする