一人足りない

大学入りたての頃、サークルのメンバーでキャンプに行きました。

私ら1年は女が7人居て、仲良く成り立てだったしで一緒に行動していました。
夜バーベキューして、女7人でコテージっていうのかな・・・
なんか小屋みたいなとこに戻ってひと息ついてた時でした。

最初は他愛もない話をしてたんだけど、突然みんなが黙り、部屋は一瞬シーンとしました。
みんなお互い顔を見合わせたり、部屋を見回したりして・・・

するとAさんが、
「ねぇ・・・誰か一人足りなくない?」と呟いたんです。

そしたら、他の6人全員が
「私も今それ言おうと思ってたんだよ・・・」
「私も」「私も」と口を揃えて言い始めました。
勿論、私も部屋に入った時から何か妙な違和感を感じていました。

誰か一人居なくなってるような…

でもその部屋には7人全員ちゃんといるんです。

「みんないるよねえ?」
「うん、いるよね・・・」

実は、同級には1人男の子が居たのですが、他にタメの男の子が居なかったため、バーベキュー中や遊んでいるときは、その男の子も私達と一緒に行動してたんですね。

なので、その男の子が(自分の小屋に戻って)居ないから、「誰か居ない」って感じがするんじゃないか?
無理矢理そう結論づけて、この妙な空気を払拭しようとしたのですが、

Bさん「違うよ。居ないのは女の子だよ。」

そのBさんの言葉に部屋は凍りつきました。
そう。全員が同じことを思っていたんです。

「”女の子が”一人足りないんだ」と・・・。

結局、気持ち悪い、怖いという理由で
「もうその話はやめよう!気のせいだよ!」ということになり、その後はお酒をのんだり騒いだりしてその話には誰も触れませんでした。
全員が同時に感じた妙な違和感・・・アレは一体なんだったのか今でも不思議です。

この話には後日談があります。
私は事情があって参加できなかったので直接は体験していないのですが、サークルで合宿や旅行に行くと、必ず女の子の気配がするんだそうです。

ゲームをしていると、背後に「女の子の」気配がするので誰か居るのかなと振り返ったら誰もいない等。
何故だかは解りませんが、「女の子だ」と感じるというか、解ってしまうというか・・・

旅行先で泊まった旅館では家鳴りのような音や、端部屋なのにも関わらず壁をドンドン叩く音、窓の外に何かすごく重たい物が落ちたようなドスン!という音がしたので窓を開けて覗いてみても何もないなど・・・
この時撮ったという写真にはいくつものオーブが写ってました。(見せてもらいました)

この旅館での話は、その旅館になんか居たんじゃないかとも思いましたが…w

長々とすみません。
不思議な体験はいくつかしていますが、
多人数が同時に体験したのはこれが初めてでした。

実話恐怖体験談!1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする