バイクの若者

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。

朝早く車で出かけて行って、朝日が登るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていたそうな。
いつもは待ち時間用の小屋みたいな所で過ごすんだけど、その日はなんとなく車にいたらしい。

すると向こうからバイクがスーっとよってきて、車の脇に止まったそうな。
するとバイクの20代くらいの若者はヘルメットを取って車の中を覗き込んだそうな。
おじさんは何事か?と思いつつも窓を開けて、その若者と会話したそうな。

その場所はすごく田舎で、夜になると車通りがほとんどなくなるので、こんな時間にどうしたんだろう?と思って話しかけたんだそうな。
おじさんは若者を車に招き入れて、焼酎をふるまったそうな。

酒を酌み交わしながら、おじさんが「こんな夜中にどうしたの?」と聞くと、若者は「ちょっと事故って…」と言っていたそうな。
見ると頭に血がついていたそうな。
おじさんは若者の頭にバンソウコを貼ってあげたそうな。

若者が帰る時、おじさんは若者がバイクで来たということを思い出して「スマン、酔っぱらい運転だなぁ」というと、若者は「バイク壊れてるんで」といっておじさんの目の前でバイクを押して帰って行ったそうな。

その時おじさんは酔っていたのでバイクを押して歩いているにしては、やけにスピードが早いというか、ほとんどバイクに乗っているようなスピードで帰っていったことをさほど気に止めなかったそうな。

さて、朝日がのぼり、釣り舟が到着しました。
おじさんは船長にその若者の話をしたそうな。
すると船長は少し言い淀んだ後、「その若者はアレだよ」と言ったそうな。

なんでも、釣り人の待ち時間に使われる小屋には若い男の幽霊が現れるということで有名なんだそうな。
酒飲みのおじさんは母に「ユウレイと酒飲んじゃったよー」と嬉し気に語ったそうな。

おじさん曰く、
「酒を飲み合ったら誰でもトモダチ。あいつはユウレイにしては良い若者だった。あいつの話は面白かったなぁ。また飲みたい」
だそうな。

私はおじさんほど肝が座ってないので、ほんのり怖くなりましたとさ。
おしまい。

ほんのりと怖い話2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする