シミ

都内某所に住む学生です。
最初に告白しちゃうと、俺、ある有名女性タレントMさんのプチストーカーやってます。

Mさんってのはレギュラーも何本か持っていてCMにも出ている、バラドルの中ではかなり上のランクのタレントさんで。みんなも名前聞けばすぐにわかると思う。
俺は5年前からその彼女のストーカーやってるんだけども、まあ、いっても彼女の住むマンションの前に張り込んで彼女が帰宅するところを双眼鏡で眺める、というだけのものですよ。

中に入ろうなどとは思わないし、彼女と直接接触した事もないしね。
とはいえ、この観察ポイントを見つけるのにはそれなりに苦労したんだ。
彼女が住む地上20階とちょうど同じ高さの雑居ビルを向かいにみつけてその非常階段から、しかも人目につかない位置で観察できるポイントを俺なりに探し出したわけ。

ま、そのおかげで彼女の大体の生活パターンは把握できた。
芸能界という不規則な職場なのでほとんどの日は帰る時間がバラバラ(帰らない日もある)なんだけど、月曜と木曜と金曜だけは決まった時間に帰るのね。
具体的には月曜が朝の9時半、木曜と金曜が夜の10時。これは確実です。

で、2ヶ月前くらいのある木曜なんだけど、いつものように彼女が帰宅しました。
ほぼ夜10時予定通り。
エレベーターから出てきた彼女が俺の双眼鏡の視界の左から現れて右へ歩いていき、部屋の前で止まってドアを開けて入る。いつもならこれで終わり。

これだけのために俺はここに張り込むわけです。が、その日、彼女が部屋に入り、僕が双眼鏡を下ろそうとしたとき、視界の端に何か違和感を感じたんだよね。
そのときはそれが何なのか確認することも出来なかったんだけど。

で、次の日。この日も夜10時。彼女はほぼ時刻通りに帰宅。
この日は俺は彼女が部屋に入った後も双眼鏡でのぞき続けてみた。
すると、視界の左、彼女の部屋のドアの左5mくらいの位置の壁に、黒いシミが2つ、一瞬浮かんで消えるのが見えた。

次の月曜。この日は朝の9時半だ。彼女がドアを開けて部屋に入る。俺は視線を左に移す。
この間シミが出た場所を見つめるが・・・何もない。この間のシミは目の錯覚だったのか?

次の木曜。夜の10時。
彼女がドアを開けて部屋に入る。俺は左を見る。シミが浮き出た!
今度ははっきりと見た。胸の高さくらいの位置に、黒いシミが2つ。
ちょうどラグビーボールくらいの大きさで楕円形のシミが壁に浮き出て消えるのがはっきり見えた。

こうなったら彼女も気になるがそれよりもその謎のシミの方が気になる。
何ですぐ消えるのか?というかあれは一体何なんだ。

数日観察し続けて分かった「法則」は
・朝はシミが出ない。シミが出るのは夜だけ
・彼女が部屋に入った後すぐシミが出る。その前や後しばらくしても出ない。
これくらいだった。

今日は金曜の夜。おそらく今日もシミは出るだろう。
彼女が帰ってきた。案の定シミが出た。
ほらやっぱりな。あれ、でもちょっと待て。
今までは彼女が部屋に入ってからシミだったよな。
今日は彼女がドアを開けてる最中にもうシミが出たぞ。
もちろん彼女はそんなことに気がつく様子はないが。

それからというもの、彼女が部屋に入る前にシミが出続けるようになった。
どうやら、「法則」の「彼女が部屋に入った後すぐシミが出る」だったようだ。
それどころか、もっと正確な法則に俺は気がついてしまった。
シミが出るタイミングは日に日に早まっているのだ。

3週間も経った頃には、ドアの手前3mくらいのところでもうシミが出るようになった。
つまりシミとドアの真ん中あたりに彼女がさしかかった時点でもうシミが出るようになったということだ。
あと1つわかったこと。シミの大きさも確実に大きくなっている。

1か月後。シミが3つに増えた。
2つ出るシミのちょうど中央、2つのシミより30cmくらい上の位置にもう1つのシミが出るようになった。
この頃になると、もう彼女とシミの距離は1mくらいしかなくなっていた。

俺が最初にシミを見るようになってから3ヶ月くらいたっただろうか。
ついにシミの正体が分かった。

手だ。
2つのシミは両腕で、真っ黒い腕と指が伸びて消えるのがはっきり見えた。
もはやここまで来るとシミというレベルじゃない。シミのような平面的なものではなく、壁から黒い腕がにょきっと生えてすっと消える。完全な立体だ。
おそらく真ん中のシミは頭の部分で、それもこの分だとそのうち見えてくるんだろうなという事態は余裕で予測できた。

案の定、その数日後、頭が出てきやがった。
真っ黒いシルエットだが明らかに立体の頭だ。
髪型は確認できずスキンヘッドのように見える。
そして、そんなことよりと言っていいのか分からないが「そいつ」の腕の部分が、明らかに彼女を掴もうとしてるんだよね。

今はまだギリギリ彼女に触れないタイミングだが、数日もすれば彼女に触れるんじゃないか。 しかし、そんなことを彼女に言えるはずもない。行ったところで信じるはずもない。
俺が逮捕されるだけだ。俺にはどうすることも出来ない。

次の金曜。夜10時。
彼女が帰宅する。エレベーターを降りて数歩のところでシミが出た。
シミの腕が彼女の服に少し触れかかったがギリギリ触れなかった。

いつもなら、ここですっと壁の中に引っ込んでいくのだが、今日のシミは引っ込まない。
シミの顔が、俺の方を向いた。
真っ黒い「そいつ」が、俺の方に向かってくねくねと踊り出した。
俺はこの日を最後にストーカー行為を辞めた。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?216

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする