コンタクトレンズ

私はとある眼科で検査員を生業としています。
コンタクトレンズ等の処方も手がけております眼科ゆえ、単に眼病の患者様だけを見ているわけではなく、健康体それも「いたって」が付くような患者様も来院されます。

コンタクトレンズはただ視力を出せば良いというものでは無く、PCを多用されるような方にはなるべく弱いレンズ、タクシーのドライバーの方には危険防止の為に強いレンズを問診をして処方するようにしております。
お断りいたしますが、私は無資格ですのでもちろんDr.の指示のもとでの処方です。

そんなある日、どうしても強い度数のレンズが欲しいという若い男性が当医院を訪れました。
強いレンズにはよく見えるというメリットと、反面見えすぎて肩こりや頭痛の原因にもなるというデメリットも持っておりますので言われるままに処方する事は禁忌になっておりますので、まずは問診から始めます。
「どうしてもという事ですが、どういった理由でしょう。強いレンズは相当の眼精疲労が付き物ですので、おっしゃる通りにお出しするわけにはいかないのですが」

彼は、自分は山岳救助隊に在籍している事とそこでの出来事を話し始めました。
「皆さんが遠くから呼ぶんですよ。僕は小さい頃から目が悪くて、でも彼らの助けを求める声に応えないと後が怖いんです」
「?」
「毎晩枕元に立って、自分は何処の沢の南に居るから迎えに来て欲しいとか、ひどいのだと僕が来ないから体が段々虫に食われていく。お前が来ないせいで自分の体が壊れていくとか言うんです。だから遠くからでも彼らを発見できるような良く見えるレンズが欲しいんです」
ここまで聞いたら彼の言う「彼ら」がこの世の者ではない事がわかります。
生半可に見えたり感じたり出来ると彼のように「彼ら」パシリに使われてしまうんですね。

彼は冬場の遭難救助よりも春先に多くシフトを組まれるようです。
隊の中でも彼の能力(?)は重宝されているようですね。

私には30人以上はいる彼の背後の方々を感じてしまいましたが「彼ら」は彼を元気にしているという印象を受けました。
こんなにもたくさんの方々が憑いておられる彼は、この冬に山岳で亡くなられる予定の方の強い味方ですね。
もちろん亡くなられた後の味方ですけれど。

山にまつわる怖い話33

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする