来訪者

人には怖く無いかもだけど自分は当時すごく怖かった実話。

当時勤めてた会社は忙しくて、9時に出社しても帰宅は22時とかザラだった。
会社がアパートを借り上げて寮にしてて、はじっこの一部屋に住んでたのだが会社からは電車で1時間かかるうえ駅から遠いし、正直通勤だけでクタクタだった。

その日も夜遅く帰ってきて、ついコタツでうとうとしてしまっていたら突然チャイムがピンポーンと鳴り、寝ぼけながら、はいはーいとドアを開けてしまった。

そこにはうつむいて、胸くらいまでの長さの黒髪の、Tシャツ短パンの女性が立っていた。
サンダルを履いてた気がする。顔は髪に隠れて見えなかった。映画で言うと貞子みたいな感じ。
つい「ど、どうしたんですか?」と言ったら「大丈夫ですぅ~」と返事が来た。
ここで急速に目が覚めて、急いでドアを閉めようとしたが、相手がドアに手をかけてドアのふちを手がカサカサ動き回りながら、力比べになった。

必死だったんで、この間何か言い合ったかどうかよく覚えてない。
指をむりやりはがして、なんとかドアをしめて、鍵をかけて一息つくと、即始まるはげしいドア叩きとピンポン連打。
恐ろしさに震えながら部屋に駆け戻ってガクブルしてたが、しばらくしてよその部屋にピンポンしたりする音が聞こえて、だんだん静かになっていった。

だいたい夜中の2時くらいだったと思う。
朝になってこわごわ外をみたけど、いつもどおりだった。

その後2~3年寮に住んでいたが、あの女の人がまた来ることは無かったし、近所に病院があったのと関係あるかなと今ではなんとなく思ってる。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?206

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする