叫ぶ蒔

知り合いの話。

家の裏山で蒔割りをしていた時のこと。

鉈を振り下ろした蒔が突然、痛てえ!と叫んだのだという。
驚いて鉈を取り落とし、蒔を拾い上げて調べてみた。
何も変わったところの無い普通の蒔だった。

首を振って振り返ると、弁当代わりの握り飯が根こそぎ失くなっていたそうだ。

山にまつわる怖い話4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする