雲取山

15年ほど前の話。奥多摩日原の雲取山に登ろうとしたときの話だ。
夜に登って、山頂で朝日が昇るのを見ようと思ったのだ。
(俺は山には慣れていたので、夜でも登ってた)

夕方になって東日原のバス停に到着。あいにく、雨がしとしと降っていたが、山の上は雲を抜けて晴れている事が多い。だからそのまま進んだ。
今でもそうだが、日原の集落を過ぎると、一本の街灯も無い。
しかも雨が降る=雲っているので星明りも無い時は、ライトが無いと本当に何も見えない。

いや、「見えない」というレベルではなく、質量を持った「闇」というものが周囲から自分を包むと言うか、そんな感じ。
ライトの向きによっては、自分の手や足が無くなったんじゃないかと思えるくらい。

はっきり言って「怖い」。
「夜の山に慣れている」と言っても、大抵は晴れているから、東京の光で物が薄っすらと見える。
しかし、こういう時は違う。真っ黒な「闇」しか見えない。
そんなわけで、たまに自分の手足を照らしたりして林道を進んでいったのだが…

「あれ?」今、自分の手首が無かったような…。今度は まじまじと長袖の先を照らしてみる。
やっぱり、無い。
「ええっ!?」怖いと言うより、理解不可能な状況に、その場に尻餅をつく。
雨ガッパズボンを通って伝わる雨水の冷たさに我を取り戻し、起き上がろうとする。
起き上がれない。
「?」下半身を照らすと、足首が無い。

「!?!?!?」
もう、どうしようもないので、そこに座りこんだまま、一夜を過ごす。
(折りたたみ傘をザックに刺しているので、上からの雨は半分寝てても防げる。
寒さであんまり寝れなかったけど)
朝、明るくなると…何の事は無い、手首も足首もある。
何だったんだろう?

140 :ID:37y6TRpk0

>137
雲取山の話を聞いて昔聞いた恐ろしい話を思い出した・・・

計算するともう20年位前になるけど、厨3人が親に内緒で雲取山の山頂で朝日を見る計画で夜に山に入り、最終的には一人だけが生還。

懐中電灯のみで意気揚々と夕暮れから登山したものの、夜が更けあまりの闇の深さに震え上がり、一時しのぎで農作業小屋のようなところに逃げ込んだが、137のいう「闇」のせいか一人が精神的におかしくなり、格好付けで持ってきた鉈を振り上げ一人に襲い掛かってきたらしい。

彼はその仲間を突き飛ばし、荷物もおいて闇の中を走って何とか下山、翌朝半信半疑の住民・警察と現場を訪ねたが鉈を振り回した仲間も、何事も無く寝袋で寝ていたもう一人も荷物(靴も残っていたらしい)を置いたまま忽然と消えていたそうだ。血痕も何もなし。

結構な捜索をしたらしいが、この話を聞いた時点では二人は見つかっていなかった。

別に滑落したわけでもはぐれた訳でもない、今考えても恐ろしいというか不思議な話。

山にまつわる怖い話35

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする